びいなすクルーズブログ > クルーズ日記 > 2012年 西オーストラリア・アジア楽園クルーズ コモド島

« 前の記事  |  次の記事 »

2012年 西オーストラリア・アジア楽園クルーズ コモド島

2012年01月23日

2012年1月23日(月) コモド島(インドネシア共和国) 09:10入港  18:50出港 

 

 

 

世界最大の大トカゲ"コモドドラゴン"の生息地として知られ、1991年に世界自然遺産に登録されました。雄大な景色と手付かずの自然が広がり恐竜の子孫とも言われるコモドドラゴンに出会えるコモド島は、まるで現代のジュラシックパークの様な島です。

 

 

 

kanban.jpg

dragon.jpg

世界最大のトカゲ、コモドドラゴンが生息する島・コモド島へ訪れました。コモドドラゴンは成長するとオスで全長3メートルにもなるそうです。

 

 

 

tender.jpg

sambashi.jpg

上陸前に生物フォトジャーナリスト藤原幸一先生よりコモド島、コモドドラゴンの講演を聴き、また島で案内するガイドさんから島内での注意事項を聞きました。島内はレンジャーの動向なしでは上陸できない為、グループに分かれで上陸です。皆様ワクワク、ドキドキしながら・・・いよいよ通船で上陸しました。

 

 

 

walking1.jpg

walking2.jpg

上陸後は、レンジャーの案内で植物観察やコモドドラゴンを探しながら島内を散策しました。

 

 

 

katatsumuri.jpg

途中固有種で貴重なカタツムリをみることができました。

 

 

 

water2.jpg

water3.jpg

島内散策時の注意事項は、

・レンジャーの指示に従う。大声を出さない。レンジャーより近づかない。

・コモドドラゴンについて

  寝ているコモドドラゴン・・・・刺激しなければ大丈夫

  2本足・・・・・・長い舌にある嗅覚を使って獲物を探す

     (なんと舌での感知は周囲5キロ四方に及ぶそうです)注意信号!

  4本足・・・・・・要注意! 視線をそらさず、ゆっくりと離れる。走らない。

 

 

 

water1.jpg

dragon2.jpg

実際に、第3便で上陸したお客様は、2本足、4本足の姿のコモドドラゴンに遭遇!!! レンジャーたちが突き棒で対戦。コモドドラゴンはお客様から離れていきました。怖がるお客様と喜ぶお客様!お蔭様で誰も怪我することなく無事島内の散策を終えました。

 

 

 

kibori.jpg

re P1030462.jpg

途中にお土産通りもあり、コモドドラゴンの木彫りの置物も販売されていました。皆様、滞在時間は1時間程度でしたが、ご満足いただけたご様子でした。

 

 

 

re IMG_8104.jpg

re MG_8070.jpg

re IMG_8085.jpg

re IMG_8139.jpg

今日の夕食はアジアンデッキディナーです。主なメニューは、ナムルの盛り合せ三種、韓国風お好み焼き・韮チジミ、たらば蟹の生春巻きチリマヨソース、茄子のサラダ"・ベトナム風、ヤムサラダ、空心菜と豚肉のソテー、タイ風焼きそば、海老の雲丹ソース炒め、豚肉とカシューナッツの四川風炒め、白菜キムチの炒め物、渡り蟹の卵白炒め、豆腐と春雨のスープ、野菜のグリーンカリー、飲茶各種、散らし寿司、天麩羅盛合わせ、バーベキューコーナー、フルーツスタンド、サラダバー、アジア風デザートです。通常は10階スポーツデッキで開催しますが天候の関係で8階メインホールにてお楽しみいただきました。皆様の話題の中心はやはりコモドドラゴンです!

« 前の記事  |  次の記事 »