びいなすクルーズブログ > クルーズ日記 > 2012年 西オーストラリア・アジア楽園クルーズ 終日航海

« 前の記事  |  次の記事 »

2012年 西オーストラリア・アジア楽園クルーズ 終日航海

2012年01月15日

2012年1月15日(日) 終日航海 12:00現在  北緯19度25分 東経135度57分

 

 

 

 

re IMG_0854.jpg

re IMG_0858.jpg

朝から、「ぱしふぃっくびいなす」は沖ノ鳥島沖を周遊しました。快適なクルージング日和で、日本最南端である沖ノ鳥島を見るために、200名近い方々がカメラ片手に8階ボートデッキへ繰り出されていました。

 

 

 

re IMG_0899.jpg

沖ノ鳥島は、東京から約1700km離れたところにある東京都の小笠原村に属する島で周囲には何もない絶海の孤島です。満潮時には高さ、幅とも数m程度の島が海面上に残るのみですが、日本の国土面積を上回る約40万k㎡の排他的経済水域を有する重要な島です。

 

 

 

re CIMG0255.jpg

re.CIMG0248.jpg

09:00から7階メインラウンジにて、兼高かおるさんによる講演「世界旅行の魅力と楽しみ方」が行われました。世界150カ国以上を巡って来られた兼高さんのユニークな経験談を皆様じっと聞き入っておられました。31年間続いた人気テレビ番組『兼高かおる 世界の旅』の大ファンだったという方が大勢いらっしゃいました。

 

 

 

re IMG_0929.jpg

re IMG_0959.jpg

14:00から7階メインダイニングにてシニアソムリエの資格を持つ石井レストランマネージャーによるお手軽ワイン教室「ワインについて初級編」が行われました。ワインの種類、楽しみ方、選び方、温度など試飲を交えてご説明しました。赤ら顔の皆様が、笑顔で教室を終えられていました。

 

 

 

IMG_6620.jpg

17:45から11階オブザベーションラウンジで「ぱしふぃっくびいなすにご乗船が初めてのお客様の集い」が行われました。由良船長、藤村機関長と廣田・大浦両クルーズコーディネーター、各部門のマネージャーの挨拶の後、画像を交えて「ぱしふぃっくびいなす」の紹介や、国旗当て・本船スクリューの直径は?・由良船長が船長になっていなかったらどんな仕事についていたか?などのクイズ大会で夕食前のひとときをお楽しみいただきました。

 

 

 

re P1030125.jpg

今夜の夕食は和食です。メニューは焼き茸の明太子和え、北寄貝と鯛の焼き霜造り、炊き合わせ(とこぶし・筍・金時人参)、阿波尾鶏の大蒜焼き、白身魚のずんだ揚げ、吸い物、香の物、御飯、水菓子でした。

 

 

 

re CIMG0275.jpg

re CIMG0285.jpg

20:15から7階メインラウンジにてジャワのスラカルタ宮廷舞踊の継承活動でインドネシア全国テレビ放送でも紹介された冨岡三智舞踊家と大統領宮殿で踊る最高級ランクの現地舞踊家3名によるジャワ宮廷舞踊スリンピが行われました。宮廷独特のバティック衣装に、バラの花を裾に仕込んでちらしながら舞う、という華やかな舞踊で、現地でもまず見られない本格的な上演でした。実に厳かな雰囲気の宮廷舞踊を皆様堪能されたご様子でした。

« 前の記事  |  次の記事 »